治療の流れと費用

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

治療の流れと費用

治療の流れと費用
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 治療の流れと費用

矯正治療の流れ

初診

初診

初診(矯正相談)は無料で行なっています(お電話でのご予約をお願いします)。
噛み合わせの状態や舌・唇の癖などの視診と、いくつかの問診を行ないます。現在の噛み合わせの状態、矯正治療の必要性の有無、治療に適した装置の種類と料金についてご説明させていただきます。
治療を開始するかどうかは、初診時にお決めいただく必要はありません。治療に進む場合は、次に検査のご予約をお願いしています。

検査

検査

詳細な治療計画を作成するために、レントゲン写真、口の中や口元・顔の写真、歯型などの検査を行ないます。必要な場合は、顎機能検査(あごの動きや筋肉の活動を調べます)も行ないます。痛みをともなう検査はありません。

診断結果のご説明

診断結果のご説明

検査の結果をもとに患者さまの歯や歯周組織、あごの骨、関節などの状態と、治療手順などについて詳しくご説明いたします。10ページ以上の説明文書や、レントゲン・写真のコピーもお渡ししています。検査で判明した矯正治療を行なううえでのリスクなどについても、きちんとご説明させていただきます。

治療

治療

基本的に、治療中は1ヵ月に1度のペースでご来院いただきます。成長を待つ場合など経過の観察を行なうときは、数ヵ月に1度のペースとなります。
1回の診療時間は約15~30分程度です。はじめて装置をつけるときや、口の中の装置を外すときなどは、1時間以上かかることもあります。
治療に要する期間は、噛み合わせの状態やご年齢(子供は成長に合わせて治療を行なうため長くなる傾向があります)によって異なりますが、成人の方で約半年~3年程度となります。

保定

保定

歯の移動を終えたあと、後戻りなどの防止のために取り外し可能な装置(保定装置)を一定の期間ご使用いただく必要があります。装置の調整と噛み合わせの確認のために3~6ヵ月に1度のペースでご来院いただいて経過観察を行ないます。

デジタルレントゲン・CT撮影

デジタルレントゲン・CT撮影

矯正治療では、治療開始前や治療中の必要性に応じてレントゲン撮影をします。これは歯の根やあごの骨に異常がないかを確認したり、歯列やあごの骨の位置関係を調べるために行なうもので、治療方針の決定や治療経過の確認のために大変重要なものです。
レントゲン検査なしに本格的な矯正治療を行なうことはとても高いリスクをともなうため、そのようなことは事実上不可能です。

最新の低線量型デジタルレントゲン

最新の低線量型デジタルレントゲン

治療上必要であるとはいえ、レントゲン撮影による身体への影響を最小限にとどめるため、あおい矯正歯科では最新の低線量デジタルレントゲン撮影装置を導入しています。デジタルレントゲン撮影は従来の歯科用アナログレントゲン撮影と比べて1/4~1/10程度の線量で撮影が可能です。

レントゲン撮影をするうえで一番心配されるのは、レントゲン線の被ばくによる発がんのリスクではないかと思います。一度に受けるレントゲン線量が一定量(約100mSV)を超える場合については、線量に応じてがんや白血病を引き起こすリスクが上昇することが証明されています。ちなみに、日本における1年間あたりの自然被ばく量=普通に生活をしていて自然界から受ける放射線 の量は、約1mSVといわれています。
この線量は、歯科用デジタルレントゲン撮影装置では約10,000~20,000回以上もの撮影をした場合に相当しますので、実際に検査でそのような線量を受けることはありません。

CT撮影装置

CT撮影装置

CT撮影装置とは、身体の内部を輪切りのような映像で見たり、骨や歯を3Dグラフィックで表現して検査したりできる装置です。歯の角度や詳細な位置、歯の根の長さを詳細に調べるときや、歯の根を覆う骨の状態を検査するときに威力を発揮します。
患者さまによっては、歯が生えないまま骨の中に埋まっていることがあります。このような場合の治療では、とくに効果的な検査です。
CT撮影は医科で使用されるためご存知の方も多いかと思います。歯科で用いるCT撮影は、医科用CT撮影と比べて1/100以下の線量で撮影が可能です。

レントゲン撮影に対する考え方

レントゲン撮影に対する考え方

レントゲン撮影によって悪影響を受ける可能性がいかに小さくても、レントゲン写真はむやみに撮影するべきものではないと私たちは考えています。自然界から受ける放射線や、医科のレントゲン検査、飛行機へ搭乗しているときに受ける宇宙線など、ほかにも被ばく要因があるため、できることなら被ばくはないに越したことはありません。
また、低線量のレントゲン線を受けることが発がんの可能性を高めるという証拠は確かに見つかっていませんが、その反対に「関連性が完全にゼロである」ということもまた証明することができません。
しかし、レントゲン撮影は確実性の高い診断を行なうには不可欠です。歯や骨の異常を察知してリスクを回避・軽減することができるため、適切な撮影は患者さまにとって大きなメリットをもたらすと考えています。
私たちは、患者さまにとって必要と思われる検査をなるべく効果的なタイミングで行なえるように心がけています。

費用について

費用について

あおい矯正歯科では、お支払いいただく費用は原則として検査料金、診断料金、矯正料金の3つのみとなります。初診時や毎回の処置にともなう費用はありません。また、矯正料金は治療期間全体で分割してお支払いいただくことが可能です。分割金利や手数料のご負担はありません。

治療をはじめるまでに必要な費用

治療をはじめるまでに必要な費用

あおい矯正歯科では、初診(矯正相談)は無料です。
2度目のご来院時に検査を行ない、3度目のご来院時に検査結果と治療計画のご説明をします。
検査日と結果のご説明日にはそれぞれ検査料および診断料が必要となります。
検査料金(検査日=2回目にご来院時のお支払い) ・・・30,000円+消費税
診断料金(ご説明日=3回目にご来院時のお支払い)・・・23,000円+消費税
治療計画のご説明が終わりましたら実際の治療を開始します。また、それにともなって次にご説明する矯正料金のお支払いを開始していただきます。

治療にかかる費用(成人)

治療にかかる費用(成人)

治療にかかる費用は、装置の代金や毎回の処置費用、治療後の経過観察費用などのすべてを含んだ「矯正料金」としてお支払いいただきます。いわゆる処置料・調整料などの通院のたびに必要となるお支払いや、追加のお支払いはございません。
矯正料金は噛み合わせの状態やご年齢、希望される装置の種類などによって異なるため、希望される治療方針や装置が決定した時点で金額が確定します。そのため、治療の開始前に費用の総額がわかります。
矯正料金は初診時に装置の種類のご希望などをお伺いして、治療法別におおよその見積もりをお伝えすることができます。

矯正料金は、金利・手数料なしに分割してお支払いすることが可能です。分割可能な期間は、矯正治療の期間と治療後の経過観察が終了するまでの期間を合わせたものになりますので、最長で50回(4年2ヵ月)までの均等分割が可能です(金利・手数料などのご負担はありませんので、分割回数によらずお支払いの総額は一定です)。
分割する期間によって1ヵ月あたりの分割金額は1~2万円程度となります。銀行や郵便貯金からの自動振替をご利用いただけますので、毎月の通院時に分割の費用をおもちいただく必要はございません。

治療にかかる費用(子供)

治療にかかる費用(子供)

成長期の子供の治療は、小学生~中学生の最初ぐらいまでの時期(第一期)と、中学生以降の時期(第二期)の2段階に分かれます。
第一期では永久歯がすべて生え揃っていないため、主に歯の生え方や骨格の成長をコントロールする治療が中心となります。
第二期では全部の永久歯が揃うため、すべての歯に装置をつけて本格的な矯正治療を行なうことができます。

そのため、矯正料金も第一期と第二期の2つにわけて設定しています。あおい矯正歯科では第一期と第二期の矯正料金を合わせた費用は、大人の矯正料金と同程度になるように設定させていただいております。
第一期・第二期で必要となる矯正料金は、初診時にお見積りすることが可能です。
第一期・第二期の矯正料金はともに1ヵ月あたり1万円程度のお支払いに分割することができます。
なお、第一期の治療で十分に歯並びと噛み合わせが改善した場合は、第二期の治療とその治療費は必要ありません。