矯正治療とは

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

矯正治療とは

矯正治療とは
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 矯正治療とは

矯正治療とは

矯正治療とは

矯正治療とは、自分自身の歯を動かすことによって歯並びと噛み合わせを改善する治療です。審美歯科治療で行なう「差し歯」や「ブリッジ」のように、歯を削ったり人工物をかぶせたりすることで見た目を変えるのではなく、新陳代謝の仕組みを応用して歯の場所を変えることでよい歯並びにします。
矯正治療は、歯並びの改善と歯の病気の予防のために、19世紀半ばからヨーロッパで広く行なわれるようになり、今では世界中で多くの人々が矯正治療を受けるようになりました。
矯正治療で得られる美しい歯並びと口元は、笑顔に自信がもてるようになるだけでなく、ほかの人に「知的」で「優しい」という印象を与える効果もあることが研究によってわかっています。
また、歯並びがよくなると歯磨きの効果が高まるため、歯の健康を維持しやすくなります。噛み合わせの重要な機能が改善され、食べものを噛みくだく能力、飲みこむ能力、発音の機能、集中力などが改善される場合もあります。
このように、矯正治療は心身ともに豊かにする治療と考えられています。

小児矯正

小児矯正

永久歯が生え揃うまでの時期に行なう矯正治療です。主に、あごの成長発育や、前歯・奥歯の生え方をコントロールすることにより、成長を利用した歯並びの改善を行ないます。
この時期の治療では、噛み合わせの状態や歯列の発育に応じて、床矯正装置(プレート)、固定式装置(リンガルアーチ)、拡大装置、ヘッドギア、マルチブラケットなどを使い分けます。装置の種類によっては、取り外しが可能なものもあります。
固定式の装置をつける場合、虫歯予防のためにしっかり歯磨きをすることが欠かせません。そのため当医院では、定期的に歯磨き教室を開催しています。
小児矯正は第一期治療とも呼ばれます。この時期に治すことができない問題(歯のサイズが大きすぎる、あごの成長量が多すぎるなど)がある場合は、中学生以降の治療(第二期治療)が必要となります。

成人矯正(大人のための矯正)

成人矯正(大人のための矯正)

永久歯が生え揃った中学生以降の方や、大人の方に行なう矯正治療です。白くて透明なセラミックで作られた「ブラケット」という装置を、歯の表面に装着して治療します。ブラケットは、矯正治療で使用する装置の中では歯をコントロールする能力がもっとも優れているため、出っ歯・受け口・歯並びのガタガタ・八重歯など、あらゆる不正咬合(歯並び・噛み合わせに問題があること)の治療に使用することができます。
大人になると歯並びだけでなく、顔立ちなど審美面も気にされる方が増えてきます。大人矯正では歯並びをきれいにすることはもちろん、結果的にフェイスラインも整い、口元のバランスがよくなることが期待できます。また、歯と歯肉のアンチ・エイジングも期待できます。

歯の裏側からの見えない矯正

歯の裏側からの見えない矯正

歯の裏側に装置をつけて歯を動かす「舌側矯正」「リンガル矯正」と呼ばれる治療です。外からは装置がほぼ見えません。
舌側矯正は裏側矯正とも呼ばれ、歯の裏側に装置をつけて矯正する治療法です。ほかの人に見えづらいため視線を気にしなくてもよくなります。また、歯の裏側はだ液が循環するため虫歯になりづらいという利点もあります。
歯の表側に装着するブラケットと同様に、ほとんどの方に適用することができます。
ただし歯の裏側の形は個人差が大きく、舌側矯正を行なう場合は装置をオーダーメイドで用意する必要があります。そのために通常の矯正治療と比べて費用が高額になります。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

患者さまが自分で取り外しできる透明のマウスピースを使用して、歯並びを改善させる治療です。装置をつけていても、外からはほとんどわかりません。使用するマウスピース(アライナー)の種類によって、インビザライン・アソアライナーと呼ばれます。
歯並びや噛み合わせの状態によっては、マウスピースのみでは十分な治療を行なえないことがあります。そのような場合は、歯に固定する補助的な装置を一定期間併用する必要があります。
また、噛み合わせの種類によっては、マウスピース矯正が適さない場合があります。慎重に確認・検討をする必要がありますので、マウスピース矯正を希望される方は矯正相談時にお知らせください。

矯正用インプラント

矯正用インプラント

多くの歯が失われている方や、上下の歯列の噛み合わせに大きな問題がある方は、そのままでは適切な位置に歯を動かすことができないことがあります。このような場合は矯正用インプラント装置を補助的に使用することで、噛み合わせの改善が可能となります(矯正用インプラントを使用する場合は外科処置が必要です)。
インプラント矯正は、歯を人工歯根(インプラント)で引っ張ることで、安定して歯を移動。治療期間を従来より短縮することが見込まれます。前歯や八重歯など、場合によってはバランスを崩している歯も、インプラントの矯正によってきれいな歯並びにすることが可能となります。

セルフライゲーション

セルフライゲーション

セルフライゲーションシステムとは、装置内部の摩擦を減らした特殊なブラケット装置を使用することで、歯の移動をスムーズにしたり、矯正治療中の歯の痛みを起こりにくくさせる治療法です。そのほか、歯肉が下がるリスクの軽減、歯の移動のスピードを速める、ワイヤーの着脱の簡略化による治療時間の短縮など、さまざまなメリットがあります。当医院では、ほとんどの患者さまにセルフライゲーションシステムによる治療を適用しています。
セルフライゲーションブラケットは、新聞やテレビなどのメディアでは「クリッピー」「デーモンシステム」などの商標名で呼ばれることがあります。

外科矯正

外科矯正

上下のあごの成長に著しい不調和がある方や、噛み合わせに非常に大きな問題のある方は、手術によってあごの骨の位置を変えないと、矯正治療ができない場合があります。このような状態を顎変形症と呼びます。
歯列矯正と、あごの骨に対する外科手術とを組み合わせることによって、噛み合わせの改善を行なうことが可能となります。外科矯正は京都大学附属病院歯科口腔外科、洛和会音羽病院歯科口腔外科などと連携して行ないます。また外科手術が必要な症例では、矯正治療についても健康保険を適用することができます。
顎変形症以外では、厚生労働大臣の指定する疾患(口唇・口蓋裂、ダウン症候群など)に対しても保険診療を行なうことができます。