見えない矯正・目立たない矯正

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

見えない矯正

見えない矯正
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 見えない矯正・目立たない矯正

見えない矯正について

見えない矯正について

矯正治療は歯並びをきれいにする治療ですが、ただ見た目がよくなるというだけでなく、歯磨きがしやすくなることでの虫歯予防、あごなどにかかる負担の軽減など、さまざまなメリットがあります。
しかし、矯正治療といえば歯に装着する装置をイメージされる方が多いように、見た目を改善する治療でもありながら、装置が目立つために矯正をためらうケースがたくさん見受けられます。
そうした悩みを解決するのが、装置が見えない矯正です。従来の方法ではなく、歯の裏側に装置をつける、透明な矯正装置を使用する、といった方法で、ほかの人からは装置をつけていることを気づかれにくくしています。

裏側矯正(リンガル)

裏側矯正とは

裏側矯正(リンガル)

従来の矯正装置は、歯の表側、すなわちほかの人から見えるところに装置をつけます。これでは矯正装置が目立ってしまうため、審美性の面から矯正治療を受けることを悩む方も多くいらっしゃいます。このデメリットをクリアするのが、裏側矯正です。
裏側矯正は、歯の裏側(舌側)に装置を装着して歯を動かす治療。装置が隠れるので、ほかの人からは装置が見えづらくなり、矯正治療中かどうかもわからなくなります。他人の目を気にされている方にはおすすめの治療法です。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正のメリット・デメリット

■メリット

  • ・矯正装置がほかの人から見えづらい
  • ・表側に装置をつけるより虫歯になりにくい
  • ・舌で歯を押し出す癖がなくなり後戻りしづらい
  • ・前歯が引っ込みやすくなる

裏側矯正は、歯の舌側に装置をつけるので、ほかの人から装置が見えづらくなります。審美性を気にされる方にはとくに大きなメリットです。また、システムの性質上、前歯が安定して引っ込みやすくなるので、いわゆる出っ歯の方にはとくに効果的な治療法です。
歯の裏側は、表側に比べてだ液の循環が早く、虫歯菌をより静菌します。また、歯の表面をカバーするエナメル質も表側より厚いので、虫歯になりにくくなっています。裏側の歯が装置によって磨きづらくなっても、丁寧に磨いていれば虫歯になりづらいといえます。そのほか、装置が裏側につくことで、舌で歯を押し出す癖が減ってきます。この癖がなくなれば、保定期間に歯が後戻りするリスクを軽減することができます。

■デメリット

  • ・従来の矯正に比べると費用がかかる
  • ・発音がしづらい
  • ・歯の裏側の歯磨きがしづらい

矯正を調整するのに高い技術を要し、かつ治療期間が長くなるため、従来の矯正に比べると費用がかかります。発音については、個人差はありますが、慣れるまでは発音しづらいことがあります。
特に、下の歯列の裏側に矯正器具をつけると顕著にあらわれます。目立つ上の歯列は裏側矯正、目立ちにくい下の歯列は表側矯正を行うことも可能ですし、上下を裏側矯正するより、費用を抑えることができます。
また、装置をつける歯の裏側は歯磨きがしづらくなりますが、これは表側矯正も同様にいえることです。一方で、歯の裏側の方が虫歯になりづらいため、矯正装置を歯の裏側に装着するのはそうした面で合理的ともいえます。

裏側矯正の治療の流れ

裏側矯正の治療の流れ
1.初診・カウンセリング

お口の中を拝見し、治療期間や治療内容について大まかな説明をいたします。ご希望やご不安につきまして、どのようなことでもお話ください。

2.精密検査・治療方針の説明

お口の中の状態を正確に把握するため、精密検査をします。診断結果から最善の治療計画を立案し、詳細を患者さまに説明いたします。治療期間は長期にわたりますので、患者さまにもご納得いただいたうえでスケジュールを立てていきます。

3.クリーニング

治療前に歯をしっかりクリーニングします。また、矯正装置の装着後は歯を磨きづらくなりますので、どのような歯磨きが効果的か指導いたします。

4.矯正装置の装着

表側矯正に比べると、裏側矯正の装置装着はやや時間がかかります。装着後は多少違和感があるかもしれませんが、そうした場合の対処についても説明させていただきます。

5.矯正期間(定期的な通院)

矯正装置をつけたあとは、1~2ヵ月に1度、定期的に通院いただきます。歯科医師が歯の移動具合をチェックし、ワイヤーの交換や調整を行ないます。

6.保定期間(定期的な通院)

歯の移動が終わり、歯並びがきれいになったら装置を外します。しかし、これで終了ではありません。歯が元の位置に戻ろうとするので、それを防ぐために取り外しが可能な保定装置をつけていただきます。また、3~6ヵ月に1度ご来院いただき、歯並びがきれいなままか確認いたします。
歯並びが安定してきたら、保定装置の装着時間を徐々に減らしていきます。

7.治療完了

後戻りがなくなったことを確認したら、治療は終了です。

目立たない矯正

マウスピース型矯正(インビザライン、薬機法対象外)

マウスピース型矯正(インビザライン、薬機法対象外)

矯正治療は一般的に、金属の装置(ワイヤー・ブラケット)を歯に装着するもので、目立つし自分では取り外しができない、と思われています。そうしたイメージを変えるのが、インビザラインとも呼ばれるマウスピース型矯正です。無色透明に近いマウスピースを使った治療のため、マウスピースを装着していても気づかれにくく、さらに自分で取り外しができます。マウスピースはひとつのものをずっと使用するのではなく、一定期間ごとに変更して歯への力のかけ方を変えていきます。

マウスピース型矯正のメリット・デメリット

マウスピース型矯正のメリット・デメリット

■メリット

  • ・審美性が高い
  • ・取り外しが簡単
  • ・金属アレルギーの心配がない
  • ・虫歯の治療などを並行してできる

マウスピースは非金属製で、無色透明に近いものを使用するので、他人の目をほとんど気にしなくてよくなります。女性の方はもちろん、思春期に入った子供にも使いやすいといえます。
また、マウスピースは自分の手でも取り外しが可能です。そのため、毎日自分の手でしっかり洗うことができるので、清潔に保つことができます。ワイヤー・ブラケット装着時は歯磨きがしづらいというデメリットがありましたが、脱着可能なマウスピースであれば取り外して歯を磨くことができます。
さらに、ワイヤー・ブラケットによる矯正では、まず虫歯を完治しなければなりませんでしたが、取り外しできるマウスピースであれば、虫歯の治療やホワイトニングも平行して行なうことができるので、総合的に治療にかかる時間が解消されます。

■デメリット

  • ・長時間装着する必要がある
  • ・インビザラインでは対応できない場合がある

マウスピースは取り外し可能な装置ですが、基本的には1日20時間以上の装着が必要となります。食事や歯磨きなどの短い時間は外しても大丈夫ですが、つい外したくなるようなときでも装着を強いられる場合があります。
装着時間が不足した状態が続くと、治療が進まなくなるケースがあります。
また、インビザラインは複雑な歯列には対応できないシステムとなっています。マウスピース型矯正をご希望の場合も、診療結果によってはほかの治療法を提案させていただくこともあります。

マウスピース型矯正の治療の流れ

マウスピース型矯正の治療の流れ
1.初診・カウンセリング

お口の状態を見て、まずは大まかにマウスピース型矯正が可能か判断いたします。初診だけでは判断が難しい場合は、精密検査の結果を経て説明させていただきます。また、患者さまのご不安やご質問についても受け付けておりますので、どんなことでもお聞かせください。

2.精密検査・治療方針の説明

精密検査でお口の状態を正確に把握します。検査結果をもとに治療方針を立て、患者さまに説明させていただきます。治療期間や治療内容についてご納得いただけましたら、治療を開始します。

3.クリーニング

治療前に歯をしっかりクリーニングします。

4.歯型の採取

患者さまの歯型をとり、マウスピースを製作します。

5.矯正期間(定期的な通院)

矯正期間の間、1~2ヵ月に1度のペースでご来院いただき、歯がどれくらい動いたかチェックします。一定期間ごとに装着するマウスピースを変えていく必要があるので、ご来院いただいた際に適宜新しいマウスピースをお渡しします。治療期間中のお悩みなどございましたら、お聞かせください。

6.保定期間(定期的な通院)

歯の移動が終わりきれいな歯並びになったら、歯が後戻りしないよう保定用のマウスピースを装着いただきます。3~6ヵ月に1度ご来院いただき、歯の状態をチェックします。

7.治療完了

後戻りがなくなったことを確認したら、治療は終了です。