成人矯正の治療期間|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

矯正歯科コラム

矯正歯科コラム
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 矯正歯科コラム
  3. 成人矯正の治療期間

矯正歯科コラム

成人矯正の治療期間

矯正治療は幼いころに行なうものというイメージを持っている方も多いと思いますが、成人矯正は他に歯の問題を抱えていなければ何歳からでも始めることができます

永久歯が生え揃ってからの矯正は、数本の部分的な矯正でも数か月から1年程度はかかります。歯列全体の矯正を行なう場合おおよその通院期間は2年から3年ほどとなります。また、矯正治療が終了したあとも後戻りを防ぐために、リテーナという器具を使用することが2年間程度は必要となります。この間も経過観察が必要ですので、通院期間として考えると5年程度を見ていただくことになります。

歯周病など歯や歯肉に病気がある場合は、これらの治療を先にお願いしたり、矯正治療と並行して経過観察が必要となることがあります。こういったケースでは通常よりも治療期間が長くかかります。

ご年齢が上がると歯周病への罹患率が高くなるため、その点では若い方のほうが平均的な治療期間は短くなる傾向があります。ただし歯や歯周の健康に問題がない場合は、ご年齢によって治療期間が大きく変わることはありません。