治療計画の立て方|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

矯正歯科コラム

矯正歯科コラム
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 矯正歯科コラム
  3. 治療計画の立て方

矯正歯科コラム

治療計画の立て方

矯正治療を進めていく際に、重要になってくるのは治療計画です。治療を行なう側が治療の目的や道筋をしっかり確認しておくことは必要ですが、治療を受ける患者様もその治療でどういったことが得られるのか、何のために器具を使うのかということを把握していただくことは重要です。

治療計画の作成に必要なのは、患者様の主訴(どういったことで悩んでいるのか、またはどのようにしたいのか)、客観的な資料(口の中の状態を記録した石膏模型や写真、レントゲン画像やCT画像、かみ合わせの記録)など様々です。

歯並びやかみ合わせの問題を引き起こす原因は色々ありますから、それぞれを分けて分析し、対策を考える必要があります。
中には通常の治療では改善しきれないものや、大がかりな処置を必要とするものが含まれることがあります。そのような場合はどこまで治療するか段階的に提示して患者様に決めていただく場合もあります。

また、治療計画には歯を並べ終えたあとの保定(経過観察)も含まれます。歯列の安定に智歯(親知らず)の抜歯が不可欠な場合は、抜き終えるまで経過観察を続けます。