小児矯正で使用するヘッドギアの効果|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

矯正歯科コラム

矯正歯科コラム
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 矯正歯科コラム
  3. 小児矯正で使用するヘッドギアの効果

矯正歯科コラム

小児矯正で使用するヘッドギアの効果

ヘッドギアは口の中に装着するフェイスボウと首のネックストラップまたは頭に付けるヘッドキャップから構成される装置で、第一期矯正治療では上顎が下顎よりも大きく前に成長している上顎前突の顎の成長コントロールや上顎の奥歯の位置の調整に用いられます。

ヘッドギアを成長の適切な時期に使用することによって上顎の過剰な成長を抑制し、下顎の骨の成長を正しく導いていく効果があります。
また、乳歯の早期脱落などで前方にずれてしまった奥歯の位置を後ろに動かすことで、将来永久歯の生えるスペースを確保する効果があります。

1日に12時間ほどの装着で高い効果を発揮できるので、お子さんの在宅時および睡眠時の無理のない使用で十分な効果が期待できます。

ヘッドギア装置は第二期治療や成人の矯正治療でも上顎の奥歯の位置を固定するために補助的に使用することがあります。この場合は上顎前突症の方以外にも使用することがあります。