マウスピース矯正って痛い?|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください。

075-211-2527

0120-252-799

(京都府・滋賀県・大阪府のみ)

歯のアイコン

初診・矯正相談
無料

初診・矯正相談
075-211-2527

矯正歯科コラム

矯正歯科コラム
  1. あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)ホーム
  2. 矯正歯科コラム
  3. マウスピース矯正って痛い?

矯正歯科コラム

マウスピース矯正って痛い?

ワイヤーを使用するブラケット矯正に対し、透明な樹脂で作られた取り外し式の器具を口の中に入れて治療を行なうマウスピース矯正治療があります。
この方法は透明のマウスピースを歯の移動段階に応じて数週間に1回の頻度で新しいものに交換していくことで徐々に歯を移動させていきます。

従来のブラケット矯正は矯正装置が目立つため、治療に抵抗がある方も少なくありません。しかしマウスピース矯正は、表側のブラケット矯正よりも目立たないこと、器具の取り外しを患者様自身で行えることが大きなメリットです。そのため普段と変わらない歯磨きを行なうことができ、ブラケット矯正に比べて装置の違和感もかなり軽減されます。

一方で歯を移動させるためにはブラケット矯正と同じように歯に移動するための力を継続してかけ続ける必要がありますが、自由に着脱できるため使用時間が減ってしまいその結果スムーズな歯の移動が行えなくなるというリスクもあります。また使用時間は治療期間にも大きく影響します。また、使用時間が少なくなると装置の装着時に痛みも感じやすくなります。

この治療法は装置の特性上、歯は動いても歯の根の位置までコントロールすることができないため、歯を抜いて大きく歯を動かす必要のある治療やかみ合わせの深さの調整が必要な治療の場合は最善の治療ができないためお勧めしていません。実際に適用できるかどうかについては、実際にかみ合わせを確認させていただくことが必要です。